新婚EDの現状: 男性の健康大事典
ED(勃起障害) 包茎
性病(STD)

前立腺の病気
 ここはED(勃起障害)、包茎、更年期における前立腺、性病(STD)といった男性特有の悩みを354記事に渡り解説するサイトです。
 原因、予防、対処法の知識を身につけ明るい生活を送っていただけたら幸いです。

« 新婚EDの原因 | 男性の健康大事典TOPへ | 新婚EDとは »

新婚EDの現状

●新婚EDの現状
 ある研究者のデータによると、ED全体において新婚EDの占める割合は約25パーセント、この症例の平均年齢は36歳、30代の患者が6割以上を占めています。
 統計的に新婚EDが発生しやすい条件には、以下のようなものが挙げられます。
 ・初婚の年齢が比較的高い(99年の全国統計の平均初婚年齢は、夫は28.7歳)。
 ・見合い結婚である(新婚ED患者のうち半分以上が見合い結婚であるというデータがあります)。
 ・結婚まで性体験を行なったことがない(あるデータでは新婚ED患者の30%以上が初婚時に童貞であったとされています)。
 ・長男、一人っ子。

« 新婚EDの原因 | 男性の健康大事典TOP | 新婚EDとは »

このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Yahoo! JAPAN
男性の健康大辞典はyahoo 登録サイトです。
Copyright (c) 2005 男性の健康大事典 All rights reserved.