腎不全によってEDになる原因(1): 男性の健康大事典
ED(勃起障害) 包茎
性病(STD)

前立腺の病気
 ここはED(勃起障害)、包茎、更年期における前立腺、性病(STD)といった男性特有の悩みを354記事に渡り解説するサイトです。
 原因、予防、対処法の知識を身につけ明るい生活を送っていただけたら幸いです。

« 腎不全によってEDになる原因(2) | 男性の健康大事典TOPへ | EDと透析の関連 »

腎不全によってEDになる原因(1)

●腎不全によってEDになる原因(1)
 透析患者のEDは多くの場合器質性ですが、これは複数の原因が絡み合って発症するものと考えられています。具体的には、内分泌障害、神経障害、血管障害の3つです。
 まず内分泌障害ですが、透析患者の多くの血中テストステロン値が低いことが報告されています。血中テストステロンとは男性の勃起に必要なホルモンです。また、乳汁に関与するホルモン過多である「高プロラクチン血症」が、透析患者の25%から55%に見られることも報告されています。高プロラクチン血症もEDの原因となります。
 これらのホルモン異常は、テストステロンの補充や、ブロモクリプチン(高プロラクチン血症の治療薬)を投与することで改善することができます。

« 腎不全によってEDになる原因(2) | 男性の健康大事典TOP | EDと透析の関連 »

このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Yahoo! JAPAN
男性の健康大辞典はyahoo 登録サイトです。
Copyright (c) 2005 男性の健康大事典 All rights reserved.