内分泌疾患とED: 男性の健康大事典
ED(勃起障害) 包茎
性病(STD)

前立腺の病気
 ここはED(勃起障害)、包茎、更年期における前立腺、性病(STD)といった男性特有の悩みを354記事に渡り解説するサイトです。
 原因、予防、対処法の知識を身につけ明るい生活を送っていただけたら幸いです。

« 加齢とED ( 勃起障害 )の関連性(1) | 男性の健康大事典TOPへ | 腎不全によってEDになる原因 »

内分泌疾患とED

●内分泌疾患とED
 正常な勃起のためには、血管系、神経系と共に、内分泌系の臓器が正常に働き、各種ホルモンが正しく分泌されていることが必要です。内分泌疾患により勃起に関与するホルモンの分泌に異常が生じた場合、EDが引き起こされる可能性があります。
 内分泌系の疾患のうち、性機能障害と関連のあるものとしては、性腺機能低下症、高プロラクチン血症、甲状腺機能亢進症/低下症などがあります。

« 加齢とED ( 勃起障害 )の関連性(1) | 男性の健康大事典TOP | 腎不全によってEDになる原因 »

このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Yahoo! JAPAN
男性の健康大辞典はyahoo 登録サイトです。
Copyright (c) 2005 男性の健康大事典 All rights reserved.