内分泌疾患(1) 性腺機能低下症とED: 男性の健康大事典
ED(勃起障害) 包茎
性病(STD)

前立腺の病気
 ここはED(勃起障害)、包茎、更年期における前立腺、性病(STD)といった男性特有の悩みを354記事に渡り解説するサイトです。
 原因、予防、対処法の知識を身につけ明るい生活を送っていただけたら幸いです。

« 内分泌疾患(2) 高プロラクチン血症とED | 男性の健康大事典TOPへ | 加齢とED ( 勃起障害 )の関連性(1) »

内分泌疾患(1) 性腺機能低下症とED

●内分泌疾患(1) 性腺機能低下症とED
 性腺とは生殖細胞を作る器官のことであり、男性の場合精巣、女性の場合卵巣を指します。性機能を促進する男性ホルモンは主に精巣で分泌されますが、男性ホルモンの分泌は脳内の「上位中枢」という部分でコントロールされています。そのため、精巣と脳の「上位中枢」のどちらか一方に異常があると、男性ホルモン欠乏症に陥る可能性があります。
 男性ホルモンが欠乏すると、精子の形成能力や性欲の減衰、ひいては勃起障害が生じます。
 男性ホルモンの中でも特に直接的に勃起に関与するのはテストステロンで、これが不足していることでEDが発生している場合、人為的に補充することでEDを治癒することができます。

« 内分泌疾患(2) 高プロラクチン血症とED | 男性の健康大事典TOP | 加齢とED ( 勃起障害 )の関連性(1) »

このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Yahoo! JAPAN
男性の健康大辞典はyahoo 登録サイトです。
Copyright (c) 2005 男性の健康大事典 All rights reserved.