内分泌疾患(2) 高プロラクチン血症とED: 男性の健康大事典
ED(勃起障害) 包茎
性病(STD)

前立腺の病気
 ここはED(勃起障害)、包茎、更年期における前立腺、性病(STD)といった男性特有の悩みを354記事に渡り解説するサイトです。
 原因、予防、対処法の知識を身につけ明るい生活を送っていただけたら幸いです。

« 骨盤内外科手術とEDの関連性 | 男性の健康大事典TOPへ | 内分泌疾患(1) 性腺機能低下症とED »

内分泌疾患(2) 高プロラクチン血症とED

●内分泌疾患(2) 高プロラクチン血症とED
 プロラクチンとは、乳腺の発達に関与して乳汁を分泌させたり、母性本能を促したりするホルモンです。これが過多状態になることを、高プロラクチン血症と呼びます。高プロラクチン血症にかかると、性欲、勃起、射精などの機能が阻害されます。
 高プロラクチン血症の原因のほとんどは、脳腫瘍であると言われています。
 その他、軽度の高プロラクチン血症の原因の多くは薬物性です。高プロラクチン血症を引き起こす薬物は主に向精神薬(精神科で治療に用いられる、精神に作用する薬物の総称)です。

« 骨盤内外科手術とEDの関連性 | 男性の健康大事典TOP | 内分泌疾患(1) 性腺機能低下症とED »

このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Yahoo! JAPAN
男性の健康大辞典はyahoo 登録サイトです。
Copyright (c) 2005 男性の健康大事典 All rights reserved.