包茎による問題(1) 病気: 男性の健康大事典
ED(勃起障害) 包茎
性病(STD)

前立腺の病気
 ここはED(勃起障害)、包茎、更年期における前立腺、性病(STD)といった男性特有の悩みを354記事に渡り解説するサイトです。
 原因、予防、対処法の知識を身につけ明るい生活を送っていただけたら幸いです。

« 包茎による問題(2) 早漏など | 男性の健康大事典TOPへ | 日本における包茎患者の確率 »

包茎による問題(1) 病気

●包茎による問題(1) 病気
 軽度の包茎の場合、放置したからといって直ちに病気になるわけではありませんし、性交ができないわけでもありません。ただし、一般的な問題として、恥垢がたまりやすくなるということが挙げられます。恥垢とは、亀頭のくびれの部分に、尿のカス、精液残り、その他分泌液などが固まったもので、放置すると雑菌が繁殖し、さまざまな病気の原因となります。
具体的には、亀頭包皮炎、陰部ヘルペス、尖圭コンジロームなどを発症する可能性が高くなると言われています。包茎を持った人は陰茎癌を発症する確立が高いという説もあります。また、パートナーの女性の子宮内膜炎や子宮癌を誘発するとも言われています。

« 包茎による問題(2) 早漏など | 男性の健康大事典TOP | 日本における包茎患者の確率 »

このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Yahoo! JAPAN
男性の健康大辞典はyahoo 登録サイトです。
Copyright (c) 2005 男性の健康大事典 All rights reserved.