包茎の種類: 男性の健康大事典
ED(勃起障害) 包茎
性病(STD)

前立腺の病気
 ここはED(勃起障害)、包茎、更年期における前立腺、性病(STD)といった男性特有の悩みを354記事に渡り解説するサイトです。
 原因、予防、対処法の知識を身につけ明るい生活を送っていただけたら幸いです。

« 仮性包茎の問題点 | 男性の健康大事典TOPへ | 包茎による問題(2) 早漏など »

包茎の種類

●包茎の種類
 包茎にはその程度によって3種類が存在します。
 一番多く見られ、軽度なものが、仮性包茎です。これは、陰茎が勃起していない状態では亀頭が包皮をかぶっていますが、手で皮をむくことが可能であったり、勃起したときには自然に亀頭が現れたりする状態です。
 次に、包皮の出口が狭いため、包皮を手でむくことができたとしても、亀頭のくびれの部分が皮で締め付けられてしまい、元に戻せなくなるという状態が挙げられます。これをカントン性包茎と言います。
 最後に、同じく包皮の出口が狭く、包皮を手でむくことが全くできないという状態が、真性包茎です。

« 仮性包茎の問題点 | 男性の健康大事典TOP | 包茎による問題(2) 早漏など »

このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Yahoo! JAPAN
男性の健康大辞典はyahoo 登録サイトです。
Copyright (c) 2005 男性の健康大事典 All rights reserved.