カントン包茎の問題点: 男性の健康大事典
ED(勃起障害) 包茎
性病(STD)

前立腺の病気
 ここはED(勃起障害)、包茎、更年期における前立腺、性病(STD)といった男性特有の悩みを354記事に渡り解説するサイトです。
 原因、予防、対処法の知識を身につけ明るい生活を送っていただけたら幸いです。

« 真性包茎の問題点 | 男性の健康大事典TOPへ | 仮性包茎の問題点 »

カントン包茎の問題点

●カントン包茎の問題点
 カントン包茎は、一度包皮をめくると元に戻せなくなる症状です。包皮が元に戻らなくなったまま放置すると、包皮に圧迫された亀頭の血の巡りが悪くなり、大変危険です。その状態のまま勃起を起こすと、炎症などを起こす可能性がありますし、最悪の場合、血が通わなくなって壊死を起こすということも考えられます。正常な性交も困難となります。
 このように、カントン包茎は危険性の高いものですので、手術によって包皮をカットし、亀頭を露出させることが必要となります。また、カントン包茎と思われる人は、無理に包皮をめくろうとしないことが大切です。

« 真性包茎の問題点 | 男性の健康大事典TOP | 仮性包茎の問題点 »

このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Yahoo! JAPAN
男性の健康大辞典はyahoo 登録サイトです。
Copyright (c) 2005 男性の健康大事典 All rights reserved.