真性包茎の問題点: 男性の健康大事典
ED(勃起障害) 包茎
性病(STD)

前立腺の病気
 ここはED(勃起障害)、包茎、更年期における前立腺、性病(STD)といった男性特有の悩みを354記事に渡り解説するサイトです。
 原因、予防、対処法の知識を身につけ明るい生活を送っていただけたら幸いです。

« 包茎の手術方法(レーザーメス式) | 男性の健康大事典TOPへ | カントン包茎の問題点 »

真性包茎の問題点

●真性包茎の問題点
 真性包茎とは、包皮の皮が狭く、亀頭を露出することが全くできない状態を指します。勃起時には包皮が引っ張られることにより、激しい痛みを伴うことがあります。  また、勃起時の痛みが少なかったとしても、亀頭の洗浄が不可能であるため、包皮の内側に恥垢や雑菌が蓄積されるのを防げません。これが原因で内部に炎症が起こるケースもあります。
 こうした事情から、真性包茎もカントン包茎と同様、手術が必要となります。

« 包茎の手術方法(レーザーメス式) | 男性の健康大事典TOP | カントン包茎の問題点 »

このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Yahoo! JAPAN
男性の健康大辞典はyahoo 登録サイトです。
Copyright (c) 2005 男性の健康大事典 All rights reserved.